包茎手術の相場

包茎手術は術式や男性器の状態によっても費用が変わります。健康保険適用の症状もあるのでまずは医師に相談をしましょう。一般的には20万円までの予算があるとよいですね。

包茎男性へのアンケート

恥ずかしい思いをしたから手術希望

この年齢になって人とは違うことに気づいたからです。恥ずかしい思いをしたので手術をします。

私のクリニックの選び方

雑誌の広告に掲載されており、住まいの近くに分院があったので信頼できると思いました。

包茎手術の費用に納得

一般的な包茎手術は保険適用されないようですが、一部の症例は健康保険が使える病気扱いになるそうです。

傷が目立たない手術法に脱帽

手術をしたことがバレないように切開をしてもらえると聞いて安心しました。人知れずに手術できます。

今はほぼ日帰り包茎手術が主流

その日から入浴できると聞いて驚きました。1時間程度で帰宅できるそうなので、会社帰りに手術を受けます。

手術後に気をつけたいポイント

手術道具

包茎手術が完了しても、すぐに以前の日常生活に戻れるわけではなく、一定期間は注意するべき点がいくつかあります。シャワーに関しては問題ありませんが、入浴は2週間くらい置くようにしてください。激しい運動、自慰や性行為などは1か月くらい経過してから行うのが好ましいです。身体に負担のかかる行為、体温を上昇させる行為などはしばらく控えましょう。これは包茎手術に関わらず手術全般に共通することで、しばらくは安静に過ごすように意識してください。手術痕が塞がるまでは出血の可能性がありますから、なるべく家で過ごす時間を増やすのが得策です。手術から1か月程度経過すれば制限のない生活に戻れるため、その日をイメージしてモチベーションを維持しておきましょう。

生活に支障があるならば手術の検討を

診察室

日本人男性の5人に1人は包茎で、これは幼いころに包皮を切除する習慣がないためです。ごく軽度の包茎であれば生活への支障は少ないですが、自身が不便を感じている状況であれば包茎手術を受けるのが得策でしょう。年齢を重ねると基礎代謝が低下して亀頭包皮炎のリスクが高くなるので、将来に備えて手術を受けておいてください。亀頭が露出するようになれば空気と接触するので、雑菌繁殖や臭いを軽減することが可能です。亀頭の発達を抑制しないためにも、なるべく早めに包茎手術を受けるのがよいでしょう。

健全な性生活を実現するために

股間を押さえる男性

包茎という理由で女性から性行為の拒否をされてしまう事例は意外と多いため、包皮を自身で剥くことができないレベルの包茎であれば治療が必要です。包茎手術のメリットは余分な包皮を切除するので、確実に亀頭が露出することです。包茎の矯正グッズを使用する方法より確実性が高く、亀頭が露出すれば早漏の予防、射精の時間調整なども可能になります。露出した亀頭は衛生面で好ましく、恥垢が溜まりにくくなりますし、性病を抑制するメリットも期待できます。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3

正方形バナー2 正方形バナー3

広告募集中