HOME>特集>ペニスに皮が被っているなら手術が必要かも

種類によって対処が異なる

男性医師

包茎には種類があって、治療しなければいけないものから、治療しなくても良いものもあります。嵌頓や真性と呼ばれる包茎は、治療が必要な場合が多いので、トイレや節句するなど日常生活に不便があるなら相談しましょう。もしも、仮性と呼ばれる包茎の場合は、日常生活には不便はないので治療しなくても大丈夫だといわれています。しかし、コンプレックスになる場合があるので、皮が被った状態が嫌な場合は治療を受けたほうがよいでしょう。もしも、何とかして欲しいと考えるなら、包茎手術を行っている病院やクリニックにて相談することをおすすめします。

手術を受けるときのお金について

包茎を治すために手術を受けるとき、嵌頓や真性の場合は保険を使った治療が可能かもしれません。程度によっては、保険を使った施術が行えるのでドクター確認してみるのがよいでしょう。仮性のほうは深刻な症状とは思われないため、ほぼ間違いなく自費での治療となります。そのかわり、ペニスの見た目をきちんと考えた施術を行ってくれるので、納得できるペニスを手に入れられるはずです。なお、嵌頓や真性の場合でも、デザインを重視したいなら自費治療を行ってくれる医療施設を訪ねたほうがよいでしょう。

広告募集中