HOME>イチオシ情報>自分の症状って人と違う?包茎治療のよくある悩み

包茎の種類と治療について

包茎とひとくくりにしても、真性包茎、仮性包茎、嵌頓包茎の3種類があります。特に嵌頓している状態は、痛みや炎症を伴うことがあるので即手術を行います。仮性包茎の場合は様子を見ることもあるようです。

包茎のよくある悩み

恥ずかしいから誰にも相談できない

男の沽券にかかわるような気がして、自分の悩みを仲間に相談できません。

ニオイがきつくて毎日気になる

洗ってはいるのだけど、ニオイが気になります。

彼女ができたときが心配

性行為は心配ありませんが、見た目の問題から不安を覚える人もいます。

仲間に自分のものを見せられない

包茎治療前の状態は人と形が違うので、見せたくないと思う人もいます。

赤くなるし、痛みが気になります

汚れがたまると炎症が起きやすい状態になるので、痛みが気になります。

無料カウンセリングを受けてみる

手術道具

意を決して包茎治療を受ける前に、無料で利用できるカウンセリングを受けてみることから始めると良いかもしれません。というのも、自分の包茎の状態がどのようなものなのかを客観的に理解する必要があります。一般的に、日本人男性の7割近くが仮性包茎だとされています。仮性包茎の場合には、症状によっては手術の必要がないと判断されます。そうした意思の診断を受けることができればとにかく安心材料になるので、まずはカウンセリングを受けることです。

シミュレーションがあると安心

筋肉質な男性

手術に慣れた医師の場合には、パソコンを駆使してシミュレーションを行うので、仕上がりをある程度想定することが可能です。包茎の治療が必要な場合、どれくらい包皮をカットしなければならないのか、また、手術の経過などを具体的に説明してもらうことができるため、安心材料になります。包茎と言っても人によって症状は様々です。自分では包茎と感じていても、実際は手術するまでもないと判断されることもあるので、一度病院で診てもらうことです。

症例の多いクリニックを選ぶ

笑顔の男性

クリニックを選ぶに際しては、症例の多いクリニックだと安心感があります。実際にホームページをチェックしてみると、包茎の手術の症例を紹介していたり、治療方針等が説明されたりしていて、治療を受けるかの判断材料になります。

広告募集中